福岡 城南区鳥飼の寺田歯科医院は医療に対するこだわりと技術に自信。城南区別府 早良区西新 中央区六本松からも多くの方に来て頂いております。

デンタルフロスはどの位の頻度でやればいいですか?

デンタルフロスが面倒な方に楽するやり方

デンタルフロス

[質問コーナー]に「デンタルフロスはどの位の頻度でやればいいですか?」という質問が来ました。
正しい答えはフロスは毎日使ってください
なのですが、質問は『面倒』という方。
面倒な方に楽するやり方をお教えしますね。
それは・・・究極は『フロスはしない』
そもそも論なのですが、フロスはコンタクト(歯と歯が接触する部分)部分だけの問題、ピンポイントな部分です。

フロスはコンタクト部(歯と歯が接触する部分)だけのむし歯を予防するだけで、その下を清掃したいのであればそれもいいのですがやり過ぎると歯肉を傷めます。歯肉を傷める可能性があるのならばやらないのが私の理論です。
フロスは軽くコンタクトの部分だけを通して辞める。
歯間の歯肉側は『歯間ブラシ』を使うのがいいです。
歯間ブラシ毎日やって使って下さいね。

ただし、歯間ブラシは40歳ぐらいを過ぎてから・・・それ以下の人はまだまだ歯間ブラシが通りません。
その部分を清掃したいのであれば『ティースピック』を使うのが正解です。

歯間ブラシは歯周病予防です。
フロスは虫歯予防ですが、これはフッ素で予防出来ます。
という事は、フロスは使わない。歯間ブラシは使う。
というのが究極の答えですね。

でも個々の状態もありますので、フロスは1日1回は使った方がいいと思います。