福岡 城南区鳥飼の寺田歯科医院は医療に対するこだわりと技術に自信。城南区別府 早良区西新 中央区六本松からも多くの方に来て頂いております。

診療科目

一般歯科

一般歯科

一般歯科基本は『MI』なるべく歯を削らない事。言い換えれば『健康な歯は削らない!』
ターゲットはムシ歯の部分だけ。ムシ歯が大きいと簡単です、削りまくる部分が沢山あります。ムシ歯が小さいと意外と難しいんです。健康な部分が沢山ありますからそれを削らない様にします。
作業がより小さくなりますから大変なんです。例えるならば大豆に字を書くのは簡単だけど、米に字を書くのは難しいですよね。
寺田歯科は常に米に字を書く感覚で緻密な治療をしております。

小児歯科

小児歯科

小児歯科『子どもにも大人レベルの治療』小児だけに特化した小児歯科では、『完結にすばやく』という風潮があったりします。
これはちょっとズレてしまうと『適当に済ます』という事にもなり兼ねません。一生懸命に治療している小児歯科の先生、私から見たら手を抜いている様に見える時もあります。(もちろんそうでない先生もいらっしゃいます)
寺田歯科では子どもの治療であっても手を抜かない治療を心がけています。

予防歯科

予防歯科

予防歯科ムシ歯になってから治療すると歯を削る事になります。そして一度失った歯は戻って来ません
患者さんから見れば『ムシ歯になっても白い歯に戻してもらった』という感覚はありますが実際には削ってます。自身の歯はニセ物の歯に変えられているのです。そして管理が悪いとまたムシ歯になります。次にムシ歯になったら更に大きな穴になります。段々と自分の歯は小さくなって行きます・・・・こんな悲しい事はありません。
『歯周病になっても手術で治してもらった』という人。これも見せかけの治りです。若い時の歯ぐきに戻してもらった訳ではありません。破壊された歯茎、骨は二度と戻って来ないのが現実です(治った気分にはして貰えます) だからこそ、ムシ歯にしない、歯周病にしない事が大切なのです。
方法は若い永久歯にシーラントを行い、歯石除去、歯のクリーニング(PMTC)など歯磨きでは落とせない汚れを早期に除去する事などです。

口腔外科

口腔外科

口腔外科大学病院での口腔外科はガンや形成外科までを行ないます。開業医なのでそこまでは出来ませんが、親知らずの抜歯は大学病院には送らずに抜いております。他の医院からの依頼も受けたりもしております。
以前は自衛隊病院にいたのでその成り行き上、外傷は沢山処置しておりました。
怪我の縫合、脱落した歯の再植、移植、などは得意としております。
ガンは診査して、疑いのある場合はすぐに大学病院を紹介したり、写真を教授に送って診断して頂いたり、場合によっては病理組織検査も行ないます。

歯周病

歯周病

歯周病大きな流れでスカンジナビア学派(北欧)の流れで治療を行なっております。
アメリカの治療(自費診療の国)の様にすぐに手術を勧めて金を取るニュアンスがありますが、スカンジナビア学派は以前から基本治療(歯の掃除に徹する)で治す優しい治療をしております。
最近はアメリカにもその流れが多少来ている様です。(日本の大学は派閥の関係上アメリカ寄りが多いです)

補綴・インプラント

補綴・インプラント

補綴・インプラント無理なインプラントはしない主義です。
世の中には入れるだけ入れる(埋入)拝金主義的な治療をする先生がいます。とても悲しいと思います。
私のインプラントは将来を見据えておすすめしております。つまりインプラントを入れた方が将来的に得になる方に勧めております。(例えば隣の歯が健康で保険治療であれば削ってブリッジなどしか手法がない場合。インプラントなら健康な歯を削る事なく治療出来ます。これは長い将来を考えると相当な得になると思います)
寺田歯科のインプラントは長期保証となっております。詳細は院長にお尋ね下さい。

ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニングホワイトニングとは、専用の薬を用いて歯(エナメル質)に染み込んだ色を取り除き、白く輝く歯にする方法です。
我々は生活の中で着色性のある食品を摂取します。カレーやワイン、コーヒー、紅茶・・・・普通の歯磨きなどではこれらの染み込んだ色までは取れません。専用の薬を塗って光を当てると歯(エナメル質)本来の白く輝く色になります。

詳しくは知りたい歯科情報「ホワイトニング」にも紹介さております。